金属ブラケットやマウスピース以外の矯正方法もある

歯並びをよくする方法

医療器具

歯並びを治そうと思ったときにどういう方法があるのか解らないという人も少なくありません。ほとんどの人は歯の矯正と聞くと金属ブラケット矯正を思い浮かべるでしょう。この金属ブラケット矯正というのは、歯の一本一本に装置を取り付けワイヤーを通して矯正する方法です。表側に装置が付けられるので、笑ったときや食べるとき、話すときなど口を開けると目立ってしまいます。しかし、いろいろな歯並びに対応でき、0.1ミリという細かい単位で矯正することができるのです。名古屋の矯正歯科の多くがこの方法で治療を行なっています。また、名古屋の矯正歯科では裏側ブラケットという治療方法もあります。これは舌の当たる歯の裏側に装置を付けて、同じようにワイヤーの締め付けで歯を動かす方法です。こちらの方が少し費用がかかってしまいますが装置が目立たないという利点があります。歯を動かす距離が小さい場合、名古屋の矯正歯科ではマウスピースで治療を行なうこともあります。マウスピースは1日20時間以上という長い装着時間が必要になりますが、自分で取り外しができるうえに費用が安いという利点があるのです。あまり聞き慣れないダイレクトボンディング法という治療法を行なっている名古屋の歯科もあります。今までの矯正方法と違い歯を動かすのではなく、空いた隙間埋めるという治療法です。歯科用レジンというもので歯の形を整え隙間を埋めます。すきっ歯と呼ばれる症状に使われます。また、名古屋の歯科ではセラミックの被せ物で治療する方法もあるのです。